> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> 決戦!マガジン対ジャンプ
d0182021_1652451.jpg
d0182021_16532025.jpg

マガジンかジャンプか、あなたはどちら派?…の話しではなく、先ほどの86年の一般誌登場の時期について。
マガジンの講談社はやはり空手バカ一代の時代からお付き合いがあった様で、技術書やビデオも出ておったのですが、この時期ライバル会社である集英社の発行する週刊プレイボーイにも技術編で二回、連載対談ものに一回登場されています。集英社から熱心なアプローチがあったらしく、
「集英社から『出てください』って熱心なアプローチがあったんだよ。君たち、ジャンプとマガジン知ってるだろ?つまり集英社と講談社はライバルなんだよ。講談社から本が出てるから、集英社としてはどうしても自分の雑誌にアシハラを出したいみたいなんだよ。日本の大手出版社が芦原争奪戦してるんだ。凄いだろ?」
d0182021_1747100.jpg
嬉しそうに話しておられました。学生時代の私には、大手出版社から出演(?)依頼が来る事の凄さがもひとつピンとこなかったのですが(苦笑)、確かに凄い事です。
また、最初の技術ビデオの作製には講談社の他に総合商社の日商岩井
d0182021_1782722.jpg
も参画しています。
「総合商社が海外へ輸出する日本文化として空手が選ばれ、空手の数ある流派のなかから芦原会館が選ばれたんです。」
日商岩井に就職していた門下生の猛プッシュがあったとの噂もありましたが、それにしても大手企業から声がかかるだけの力が芦原カラテ
d0182021_17182011.jpg
にあったことは事実。2枚組DVD
d0182021_1717576.jpg
岸師範のコメントにもありましたが、志半ばで病に倒れられたことが本当に残念です。
[PR]
by osaka-kenyukai | 2016-06-15 01:51 | 活動近況「結構鍛えてます」