> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> 空手道とは・その②
精神鍛錬・道徳的教育・心の鍛錬などなど
「難しいことは抜きにして、とにかくフルコン空手を楽しみましょう!」
d0182021_14144829.gif

がモットーですので、先に書きました通り空手道を名乗るなどおこがましい大阪拳友会であります。すみません。
幸いなことに参加して下さるメンバーは常識的な人ばかりなので、声高に精神だ、礼儀作法だ、などと言わなくても全然大丈夫なんです。まぁ皆さん空手が好きなので、私も含めて少々社会の一般的な価値観から離れているところは有るかと思いますが(汗)…
d0182021_14172041.png

黒帯の刺繍もシンプルです。「拳友会」・「名前」以上。何とか連盟、とかもありません。刺繍の文字数が少なければ原価が安くなりますので値段が抑えられますし。
芦原会館では、審査代5,000円(昇級・昇段とも)、色帯1,000円、黒帯10,000円でした。貧乏学生に10,000円は痛い出費でしたが、青春の思い出(ダサッ!)とケンカ十段直々の評価を思えば十分な価値があったと言えるでしょう。
d0182021_14414261.jpg

正道会館では審査代が5,000円、帯代込みで保留になった場合は1,000円バックだったと聞きました。当時、空手のテクニックだけでなく、システムも合理的だなぁ と感心してのを覚えています。
d0182021_14424348.jpg

因みに昇段時の費用について先代館長はよく審査会で
「ヨソと比べても、芦原の昇段費用は安いはずだよ。極真は初段10万、二段20万だから。みんな何十万も払える?」
と仰ってました。当時、「極真の黒帯は200人に1人」しかなれないと言われていましたから、そのくらいの値段するのかなぁ、と思ってました。ある日、龍大の一年先輩で全日本大会出場経験のある黒帯の方と会話した時に昇段の話になって、
「やっぱり行く行くは二段・三段取られるんですか?」
と尋ねると、
「いや、初段取るだけでいくらかかったと思う?もう十分だわ(笑)。」
と、具体的な金額は教えてもらえませんでしたが、結構な金額であったことは想像出来ました。
d0182021_1446028.jpg

[PR]
by osaka-kenyukai | 2016-06-22 00:00 | 活動近況「結構鍛えてます」