> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> 石井館長のフェイスブック
古い色褪せた、私の大好きな白黒写真。
d0182021_11292288.jpg
実は私にも17歳という高校時代があったのでありまして、9歳上の師匠、芦原先生は26歳であります。年に一度の演武会では、何故かいつも前に呼び出されて技の説明相手に。この頃の組手は顔面攻撃勿論アリの何でもあり。楽しかったです。
あれから後4年で半世紀、歳月人を待たず、皆様、日々油断せず1日一生のお気持ちで人生を。

芦原先生から速すぎて危険だからと、組手で使用禁止された右ハイキック。
d0182021_11274728.jpg
中足底で蹴ってた回し蹴りを極真で一番最初に背足で蹴ったのが、芦原先生(御本人談)。
私にも高校2年生という青春時代があったのです(笑)。
芦原先生撮影の貴重な一枚。

明後日から始まる、ヤンチャなイケイケ支部長達との夏期合宿に備えて、ミット打ちの最終稽古終わりました。
d0182021_11254851.jpg
グローブだけで展開できる攻防の芸術、支部長の皆様楽しみにしててくださいね。
カリスマトレーナー湊谷師範ご苦労様でした。湊谷は佐竹、武蔵、アンディなどを育てた名伯楽、日本格闘技界の宝です。

こんなものかなー、いつから人は自分の人生をそんなふうに決めてしまったのだろう。
ヘタな人生訓や処世術を言える立場ではないが、人は元気で生きてれば、必ず変容できる。 奇怪千万な人生を歩んだ私でも、まだ挑戦できると思ってる。
寂しがり屋だが、1人で旅をするのが好きだ。短い夏休み、今年の夏は自分自身と向き合うことがテーマ。
d0182021_11265396.jpg


私が掲げたK-1の理念とは、武道と格闘技の融合であった。
それをリングで体現したのが、アンディ、フグが先駆者となった空手戦士である。
特にアンディとフィリオの立ち振る舞いは見事であった。大山総裁の指導された極真精神教育は偉大である。近年のK-1はそれが感じられないのが、残念でならない。

自分の人生を他人に決められるほど、自分の人生は安くない。自分自身の人生は、私の私達の誇りである。
アンディフグが急死するなんて誰が予想できただろう、明日では遅すぎる、今日、今、行動あるのみ。
新しいカラテのスタート、それが正道。0からのスタート、それが私には似合ってる。
よろしければご一緒に。

多くの皆様からアンディへの温かいお言葉をいただき、心より感謝御礼申し上げます。
古い痛んだ色褪せた写真を掲載することをお許しください、私の一番好きな写真です。
d0182021_11263523.jpg
オレ達はいつだって挑戦者だったね。オレももう少し頑張ってみるね。
アンディ思い出話は今日で終わり、ありがとうございました。明日から新たな挑戦。 押忍
[PR]
by osaka-kenyukai | 2016-08-31 08:02 | 活動近況「結構鍛えてます」