> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> ムエタイ&カンフー
去年に比べて低調な感のある日本公開映画。まぁ「シンゴジラ」「君の名は。」とか、面白い映画もありましたけれど。葉門3がなぜ劇場公開はおろかDVD発売の報さえ届かないのか…。
先週の稽古終わり、「とほきょぉ~さたでなーい」と歌いながらジャッキー映画全盛期を体感した幸せを語り合ったメンバー。最近の日本でのアクション映画の空洞化を嘆いておりました。

そんな中、大阪に於けるアジア映画の聖地、シネマート心斎橋のHPより
ドラゴン×マッハ! 2017年1月7日より公開
ムエタイの神トニー・ジャーが、香港アクション映画へ殴り込む!
絶望を希望に変えろ!男達の熱き戦いに血と涙が降りそそぐ!
d0182021_116578.jpg

香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕えようと任務を遂行していた潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)だったが、ミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所へ監禁されてしまう。潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)が必死に探すも、チーキットは臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)から執拗に暴行を加えられていく…。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は非道な行為と分かりつつも、愛娘の入院費を所長に工面してもらっている為、見て見ぬ振りをするしかなかったが、ある事実を知りチーキット救出を決意する。

ドニー・イェン&サモ・ハン主演の『SPL/狼よ静かに死ね』(05年)の監督ウィルソン・イップがプロデューサーを務め、『レクイエム 最後の銃弾』のニッキー・リーがアクション監督として参戦し、香港電影金像奨アクション賞を受賞。主演を務めるのは『マッハ!』シリーズで一躍世界に名を知らしめた闘神トニー・ジャー、その相棒役に『新少林寺/SHAOLIN』のウー・ジンがダブル主演を務める。アジア最高の布陣で、運命の瞬間を迎える男たちの熱き命の行方が描き上げられていく!


どうですか、このテキトーな日本公開題名(笑)。
しかし作品紹介サイトによると期待出来そう!起死回生の一発となるか?
トニー・ジャー&ウー・ジン共演で蘇る『SPL2(原題)』が邦題を『ドラゴン×マッハ!』として2017年1月7日より遂に日本公開! ムエタイ&クンフーの合わせ技に膝をついて泣け!
『マッハ!』シリーズで世界に飛び膝蹴りをキメたトニー・ジャーと、クンフー俳優ウー・ジンが共演する『ドラゴン×マッハ!』が2017年1月7日より「2017冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショーされることが決定し、ポスタービジュアルが解禁となりました。

実は本作の原題は『SPL2/殺破狼II』で、ドニー・イェン&サモ・ハン主演の『SPL/狼よ静かに死ね』(05)の続編という位置付けなのですが、ストーリー上は何の接点もありません。しかし『SPL/狼よ静かに死ね』のモチーフは引き継がれており、前作にも負けない男同士の熱い絆が描かれます。
本サイトではすでにレビューを紹介済みで、2015年ベスト映画でも 第5位に選んだ傑作です。
刑務所内での長回しの大乱闘や、ナイフ戦、銃撃戦、カーチェイスなどのアクションはもちろんのこと、男たちが流す涙のような血に痛みに思わず感涙すること必至。

手放しで絶賛と言うワケにはいかないですが観る価値はあるようで、
もし本作がDVDスルーとかになったら、日本の全配給会社はまとめてトニー・ジャーの飛び膝蹴りの餌食となるでしょう。とにかくおすすめです。
ですって。
[PR]
by osaka-kenyukai | 2016-11-11 07:30 | 活動近況「結構鍛えてます」