> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
カテゴリ:社会人空手する!の話( 14 )
⑪US大山空手VS正道空手 5対5マッチ
いよいよ
[PR]
by osaka-kenyukai | 2001-12-31 20:10 | 社会人空手する!の話
1990年~フルコン空手事情
この頃芦原会館には目立った動きはなく、
「芦原館長が重病らしい」
と言う噂がどこからともなく流れて来ておりました。
一方、正道会館は積極的にマスメディアに登場し、その知名度を高めている時期でした。

~1990年~
6月2~3日 極真会館主催「第7回全日本ウェイト制大会」に参戦 
6月30日 日本武道館で開催された全日本キック連盟主催「INSPIRING WARS HEAT」で、佐竹雅昭ドン・中矢・ニールセン相手にグローブデビュー。1RKO勝ち。
d0182021_11255295.jpg

9月30日 「第9回ノックダウンオープントーナメント全日本空手道選手権大会」にピーター・スミットを招聘、大会は後川聡之が初優勝。

~1991年~
6月4日 代々木第2体育館にて「USA大山空手vs正道空手5対5マッチ~LAST CHANCE」佐竹雅昭ウィリー・ウィリアムスに判定勝ち。
d0182021_11261764.jpg

この大会、石井館長は大阪での開催を当初計画していたようですが、USA側から是非とも東京で、との申し出があり、東京開催になったのだそうで。残念…
しかし、この興行の成功が格闘技オリンピック⇒K-1シリーズの基礎となったのでしょう。

6月22~23日 極真会館主催「第8回全日本ウェイト制大会」に参戦。
10月10日 全日本大会第10回大会=「カラテワールドカップ'91」開催。後川聡之が連覇。
12月7日 リングス有明大会で佐竹雅昭角田信朗がプロデビュー。

~1992年~
1月12日「第1回トーワ杯争奪カラテ・ジャパン・オープン」佐竹雅昭優勝。
7月30日 代々木第2体育館で「格闘技オリンピックⅡ」開催。アンディ・フグが正道会館初参戦。
d0182021_11331139.jpg

10月4日 大阪府立体育館で「格闘技オリンピックⅢ~カラテワールドカップ'92」開催。アンディ・フグが参戦し、優勝。
まさか、大阪でアンディ・フグの試合が見られるなんて思っていませんでした。また、この大会の開会式で10万ドル争奪世界最強決定トーナメント(K-1 GRAND PRIX'93)の開催を発表。

と、わずか数年で全国区へ躍り出たのでありました。
[PR]
by osaka-kenyukai | 2001-12-31 20:10 | 社会人空手する!の話
⑫新人戦再び
凝りもせず
[PR]
by osaka-kenyukai | 2001-12-31 20:09 | 社会人空手する!の話
⑬ブランク空けてPHENIX
トーワ杯やら大道塾TheWarsやらアンディ・フグプロ転向、正道会館の大会に参戦!と格闘技界が賑やかになって来た1992年、反比例するかのように人生最大のドツボに突入し、
「人生終わった」
と落ち込んで何もする気力の無かった私。日々残業残業で楽しみと言えば月2回刊となった格闘技通信を、書店はとうに閉まっているので駅の売店(売ってたのですよ!)かコンビニで買って帰るぐらいでした。
そんな土曜(休日)出勤のある晩。いつも陽気なアラタくんから連絡が入りました。若干バブルの余韻残る関西で、熾烈な営業の世界で闘っていた彼。
「いや~、毎週末同期の送別会ですわ~」
と陽気に笑いながら当人は全然辛そうに見えません。超ポジティブです。そこ(だけ?)は尊敬しております、ハイ。その日も送別会で遅くなり、翌日日曜にも係わらず出勤とのこと、自宅に戻るよりも電車で勤務先まで一本の我が家に泊めてもらえませんでしょうか?と言う申し出でありました。
こちらも職場以外の人と喋っていないし、
[PR]
by osaka-kenyukai | 2001-12-31 20:08 | 社会人空手する!の話