> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
分裂当時の事情①京極東宝ビルの看板
今は建て直しされてしまっって現存しない極真会館芦原道場京都支部の所在地、京極東宝ビルにまつわる笑い話が拳友会には伝わっています。
d0182021_13245487.jpg

京都に一人の少年がおりました。
彼は漫画「空手バカ一代」や映画「地上最強のカラテ」を観て「極真空手」に憧れていました。「いつか極真空手に入門して強くなるんだ!
しかし、今のように子供が空手を習うことに肯定的な親は少なくて、また不思議と自分の周囲に「極真の道場に通っている」同級生や先輩が見当たりません。通学路の電柱には「道場生募集!」のポスターが貼られておりましたけれど、肝心の道場の場所も「あの辺りらしいぞ」と言う程度の情報しかありませんでした。
ある日、極真の道場があると知った少年は意を決して京極東宝ビルに向かいました。間違いなく、ビルの看板には「極真会館芦原道場京都支部」の文字が… しかし目立ったスポーツ暦もなく、ケンカにも自信のなかった少年は、漫画や映画で描かれた地獄稽古を思い出し、練習を見学することも無くビルを後にしたのです。

「これではイケナイ!」一年後、再び意を決した少年は京極東宝ビルへ向かいました。「あれ?」看板は「芦原会館京都支部」に変わっていました。「芦原と言えばケンカ十段・芦原英幸のことかなぁ。でも極真空手の道場じゃないやん?」少年は今年も見学せずに家に帰りました。

「アカンやん!強くなるんやろ?」一年後、また意を決した少年は京極東宝ビルへ向かいました。「あ?」看板は「正道会館京都支部」に変わっていました。結局、少年はそのまま家に戻り、とうとう空手を習うことはありませんでした。 お終い。

今で言う都市伝説みたいなお話です。しかし100%作り話でもないようで、当時京都支部に通っておられた方のインタビューに「行く度に看板が変わってた」てな逸話が載ってたりしてましたから…
d0182021_13553224.jpg

※京都道場跡地。難波道場に続き、芦原道場も姿を変えていきます。
[PR]
# by osaka-kenyukai | 2001-01-03 00:00 | 拳友会とは?