人気ブログランキング | 話題のタグを見る
> 中山猛夫師範伝説 その① 
このブログの検索ワードで、先代館長に次いで上位の中山猛夫師範に関するネット上の回想エピソードを拾ってきました。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10274328.jpg
まずは極真会館・芦原道場時代のエピソード。

わしは2回目の世界大会んとき時ロビーで握手してもらったぞ。背は高かったぞ。 飾り気のない好青年て感じで、『怪我せんように。(・∀・)』と、 カン高い声でありがたいお言葉をもらったぞ。

正道会館全日本大会でO君と一緒に中山師範にサインをいただいた時も「君たち、空手やってるの?」と本当に気さくに声をかけていただきました。会場では最高師範やK-1選手にサインを求める若い人はたくさんいましたが、我々二人は石井館長&中山師範お二人のみ狙い撃ちなのでありました。石井館長は色紙にK-1ではなく正道カラテ 石井和義と書いてくださいました。さすが、客の求めているものをわかってらっしゃる!

組み手も体格も極真の全日本に出ていた頃と正道の大会に出てた頃では全然違う。極真第9回の頃は(掴みはないが)まさに「サバキ」という感じだった。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_9341120.jpg


以前引用した書き込みに、→正道の全日本1回大会。 中山さんサバキするのかなと思ってたけど、パワ-空手で押していた→と言うのがありました。石井館長によると、「中山のは倒す空手」だそうですが、おそらく前田比良聖師範のようなサバキスタイルの組手も出来たのでしょう。全日本大会では確実に勝負を決めるため倒す空手スタイルで戦ったのでしょう。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_9344445.jpg


私が芦原道場にいた頃、s55の夏合宿で中山先輩(9回大会準優勝)と二宮城光先輩(10回大会優勝)が組手して、中山先輩が、捌き倒したと聞きました。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10284867.jpg

これまた以前引用した書き込みに、→いつかの夏合宿で2人が対戦したらしいけど?→とあり、また組手では中山師範が圧倒していたが、試合ルールなら二宮師範有利との意見も。組手の内容はわかりませんが、先代館長の下、両師範の組手・スパーリングはあったみたいですね。見てみたかった…。両師範を先輩と呼ばれている所から推察して、芦原道場の方の書き込みは間違いなさそうです。

私は、茶帯の頃、石井師範中山先輩と組み手をしてみろと言われ実際やったことがありますが、遊ばれてしまったという感じで右の内回しからの踵落としで仕留められました。

これまた石井師範中山先輩と言う呼び方から芦原道場の方の書き込みかと。

俺、中山さん倒した事あるけど、正確にいうと故意に「倒させてもらった」。わざと軸脚に隙を作って蹴らせ、「そーそー!そのタイミングだよー!」と例のオクターブ高い声で褒めてもらった。本気だったら間違いなく肘で顔面を潰されてたと思う。
あの人は慕ってくる後輩には人一倍優しかったし、本当に俺達を伸ばしてくれようとしてたよ。体裁とかには興味なかったし。
でも合宿で日焼けした背中をバシバシしばくのは止めて下さい。


強くて優しいけど茶目っ気たっぷり、時々迷惑なイタズラをする先輩(笑)と言う感じですかね?
続いて正道会館移籍後のエピソード。

ハイキックでKOした相手の一人が翌日電話してきて
「歯が5本折れたのですが、保険はききますか?」
まあ、人づてに聞いた話なので真偽は不明 。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10303404.jpg
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10304863.jpg
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10310431.jpg
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_10312274.jpg
映像見る限りでは歯は折れているように見えないので、尾ひれのついた噂話では?92年のカラテワールドカップで中川敬介選手が他流巨漢選手の前歯二本を左ハイキックで吹っ飛ばしてます。

全日本大会出場時、乱れないように道衣を縫い付けてた。だから道衣をかぶって着ていたもん。

これも未確認。

14年くらい前、中山師範と組手で内股に中足でローキックを連打された。あれは凄く効きました。

この書き込み、署名が佐竹雅昭とありました。嘘つけ(笑)。リアルチャンプ大会後のインタビューの引用と思われ。
中山猛夫師範伝説 その① _d0182021_18050457.jpg
若き日の佐竹氏、川地氏と戦うの図。
そして謎に包まれている近況。

コアコーポレーションと言う不動産取引の会社経営と思います。

以下続報。

by osaka-kenyukai | 2014-11-29 23:50 | 活動近況「結構鍛えてます」