> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> ドラマ ビジネスマン空手道
1995年にNHKで放送された、単発ドラマです。
d0182021_16145861.jpg

原作:夢枕獏/演出:鈴木圭/主演:奥田瑛二
夢枯れて疲れきった企業戦士が、たまたまめぐりあった空手道で、熱い血を呼びさまされ立ち直る。空手道に集まった人間のつながりや人生に立ち向かう力を描いた。
↑随分端折ってますが(^^) 残念ながらデマンド配信もソフト化もされていないようですが、もし観る機会が有れば社会人空手マンは是非!観て下さい。内容もいいですが、ディテールの拘りがマニアックで楽しめます(笑)。例えば上の奥田瑛二さんの写真。入会初日のシーンですが、購入直後の折り目バッチリで、肩の辺りが浮いている感じ(≧∇≦)上衣の合わせも喉もとに近く、慣れない感じが良く出ています。一方で笹野高史さん演じる茶帯の人は、袖を七分袖にカットしてたり、主人公の妻がスポーツ保険の入会を考えてか、パンフレットを見ていたり(苦笑)
舞台となる道場の館長役は藤岡弘、さん。大道塾・東孝塾長も劇中で豪快な氷柱割りを披露されてます 。
特に、空手道場出身でボクシングに転向した仲間を応援に行った会場で、印象的なセリフが出て来ます。
ビジネスマンクラスの指導員が主人公に呟く台詞。
「俺、時々自分がおかしいんじゃないかと思うんです。24時間ずっと空手のこと考えてられるんですよ。」
試合は元空手マンが負けてしまうのですが、主人公が空手を始めるキッカケとなった、ボクサー崩れ(失礼)の怖い人の後輩が対戦相手で、会場で待ち伏せしてた怖い人の挑発。
「どうした、空手がボクシングに負けて悔しいのか?」
その後、刀まで持ち出した怖い人たちと対峙することになってしまった主人公が息吹きをするシーン、雨の中怖い人との決着がつき、絶叫するシーンなどなど、とても面白いドラマです。
当時の勤務先でも観ていた人が多く、部長さんから
「君もあの主人公ぐらい頑張れよ」
と言われましたとさ(>_<)ちゃんちゃん!
[PR]
by osaka-kenyukai | 2015-01-29 23:12 | 活動近況「結構鍛えてます」