> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> 社会人空手する!①「集中集中!」
本当は空手は学生時代で終わりにするつもりでした。
d0182021_16535150.jpg
①社会人になると仕事が忙しく、十分な稽古時間が取れない
②練習で(程度によりますが)怪我をしたら仕事を休まなければならない。学生、特に大学はほぼ自分の意志で出席・欠席を判断出来るが、会社ではそうはいかない。
③他人の目。「いつまで学生みたいな事をやってるんだ」と言う視線を意識して、社会人に相応しい趣味にシフトするべき。

概ねこんな理由でしょうか。
理由その①。
社会人となると、まず練習時間の確保が大変。正道会館でも社会人となった川地選手が、これまた大学卒業を控え「たっぷり練習して川地越えが出来るチャンスは今年が最後」の気概で挑んだ佐竹選手に王座を奪われていました。
d0182021_178126.jpg

大学なんて特に授業に出るかどうかの選択は本人の自由意思。徐々に校内で姿を見かけなくなった同級生も珍しくなかったですし。練習にたっぷり時間が割ける環境です。ま、私の場合、練習場所だった8トレ(-ニング室)の滞在時間は長かったのですが、稽古時間は一番短かったのでは?
「4時からバイト行かなアカンねん。」
と言って、ダッシュで拳立て・シャドー・サンドバックを次々と猛スピードでこなし、
「東條、下段蹴ってくれ」
と筋肉ブロックで60分の稽古を〆たタツヤの方がよっぽど稽古をしていたはずです。試合の結果に如実に現れております。
さて、あんまり自分を落としてばかりだと傷つくので(笑)。ある時、上記と同じように
「今日は7時から京都道場の稽古に出なアカンねん。」
と、8トレに飛び込んできたタツヤ君。猛ダッシュで30分汗だくで稽古を消化し、クールダウンで汗をひかせて私服に着替え、
「じゃあ東條、行ってくるわ!」
とさわやかに大学を飛び出して行きました。(私はマットの上でゴロゴロ)。
体育館の閉館時間になり、「さって、着替えて帰ろうか~」と帯を解いて着替えようとすると、正道館の茶帯が一本残っています。
d0182021_1737140.jpg
「あ、タツヤ阿呆やな~。慌てすぎて帯忘れとるがな。Tシャツで稽古しとるんかな。」
当時の京都道場は四条河原町・京極東宝ビル内にあり(現在はホテルになっているそうです)阪急電車で大阪に買える私はちょうど通り道にありました。K支部長ともご無沙汰だし、届けてやろうと京都道場に向かいました。
熱気ムンムンの京都道場の入り口から顔を出して
「K先輩、こんばんは。」
「おぅ、東條やんけ。ひさしぶりやな~。」

↑先輩をご存じの方、あの声で脳内再生して下さい。
「タツヤが練習場所に帯忘れて行ったんで、渡しに来たんですけど…」
「お?タツヤけ?今日来てへんど。」
「えっ?確か今日道場稽古やって言うてたんですけど…」
「来てへん、来てへん。女のトコでも行ってるんちゃうかぁ?ヒャッヒャッヒャッ。」

d0182021_17283480.jpg
この時、彼が何処へ行ったかは30年近く経った今でも不明です。確か練習場所で茶帯を渡した時
「なぁ、ホンマは何処行ってたん?」
「え?道場行ったよ、ホンマ。」
「ふ~ん。」

で終わった気がします。いや、友達のモテ話しじゃなくて(笑)。絶対的な量は必要ですが、稽古を重ねれば重ねるほど質が大切になってきます。ダラダラと長時間するより、短期集中の方が特に社会人にとってはいい結果が出るのではないでしょうか?
d0182021_1881632.jpg

※始めたばかりの時は、無駄と思われてもある程度の稽古量が必要だと思いますよ。

さて、社会人が空手するハードル②と③については別項で語ります。
[PR]
by osaka-kenyukai | 2015-06-08 01:30 | 活動近況「結構鍛えてます」