> 練習日と場所
【時間】第1~第4土曜日
19時~20時30分
【場所】子育てプラザ福島
4階 軽運動室
詳細は入会案内へ!
> フォロー中のブログ
> 更なる訃報…
ハヤブサ選手がお亡くなりになった記事を読んだO君から、また訃報が。
日本武道傅骨法創始師範の堀辺正史師範が、2015年12月26日に心不全のため亡くなっていたことが分かった。
d0182021_21112208.jpg
亡くなった当日は、いつも通りに早朝に起床。散歩をし、道場にて指導などをこなし、普段通りの生活を送った。特に調子が悪い様子もなく就寝につくと、眠るように亡くなっていたという。74歳だった。
60代かと思っていましたが、意外とご高齢だったのだな、と。
今の人には骨法って言ってもわからないかも?

(吉田豪)
d0182021_21115520.jpg
すごいんですよ。でもまあ、ミステリーが多い感じで。骨法に関しては。まあちょっと表立っている話をいま言いますと、1941年生まれの堀辺正史師範が、骨法の創始者を名乗っていまして。骨法っていうのは流派がいくつかあって、その起源も諸説あるんですけど、堀辺先生曰く、骨法は奈良時代の武人、大伴古麻呂より伝わる日本独自の拳法で、骨法の師範で東條英機のボディーガードを務めた父からその技を一子相伝で相伝されて。骨法司家の第52代を襲名し、伝統的骨法の修行の傍ら、喧嘩・他流試合に明け暮れた日々の中から、実践的な格闘技術を習得。古流の骨法を改革したというね。
d0182021_21123287.jpg
本とか読むとブラジルでカポエラと戦ったりとか、すごいいろんな話が出てくるんですけど。極真の大山倍達総裁の、そういうバックボーンがミステリーなのに近い感じで。このへんは正直、よくわからないっていう。で、こういうところが嘘なんじゃないか?って叩く人もいるんですけど、それを超えた凄みがある人っていうか。この人自身が本当に面白いんですよ。スーパージョッキーから出演のオファーがあった時に、3回断ったらしいんですよ。それでも、どうしてもってことで出ることになったんですけど。楽屋で1時間待っても2時間待っても5時間待っても出番が来なくて
(赤江珠緒)5時間は長いですね。

(吉田豪)で、スタッフから『すいません、今日はこれで終わりです』って言われて、その日呼ばれていたゲストも、『まあしょうがないな』って帰ろうとしてたんですけど。堀辺先生は芸能人じゃないから、『なんだそれ!?』ってことでスイッチが入って。でも下っ端の人間を相手にしても弱いものいじめになるだけだから、たけしを呼べ!と。当時のたけしさんはちょうど講談社を襲撃した後だったんですよ。だから堀辺さんはたけしさんに対して、『お前だって自分の人格を傷つけられたら講談社に乗り込むだろう?今日は俺が傷つけられたから、お前を許さんよ』って言って・・・
(赤江珠緒)かっこいい!
(吉田豪)控室でたけしさんのスネを蹴りだしたんですよ(笑)。
(赤江珠緒)そこはちょっとどうかな?って思うんですけど。
(吉田豪)蹴りながら、『許さん!』って言って(笑)。
d0182021_21225232.jpg

さらには、堀辺先生の奥さん。百子局長っていう人がいるんですけど。その人もハイヒールで蹴りだしたらしくて。まあ、ハイヒール百子(モモコ)って呼ばれてたっていう(笑)。
d0182021_21240446.jpg

(博多大吉)本当ね、週刊プロレスに、本当の武術とはこうだ!っていう連載をずーっとなさっていて。で、すごい幻想が膨らむわけです。骨法って地球上でいちばんすごい格闘技なんだ!で、いちどね、実際試合があったんですけど。ちょっとあの・・・想像と違ったというか。
d0182021_21155604.jpg

(赤江珠緒)あ、そうなんですか。

(吉田豪)最初のは幻想的な感じで面白かったんです。太鼓を叩きながら、三角の構えとか、
d0182021_21164241.jpg

特殊な構えをしながらの。なんだろうな?あれはあれで有りだと思ったんですけど、やっぱりバーリトゥードにアクセスして、惨敗しちゃったのが大きかったですね。


骨法と言う武術・格闘技が如何なるモノか私には評価出来ませんが、
https://www.youtube.com/watch?v=JxyDEkin28k
普段と変わらぬ生活をして、床に就いて眠る様に逝く。ピンピンコロリを実践されたのだなぁ、と思いました。ご冥福をお祈りいたします。

by osaka-kenyukai | 2016-03-05 00:05 | 活動近況「結構鍛えてます」